hair transplantation

植毛手術を受けた後の頭皮はデリケートな状態なので注意が必要

手術を受けた後は何日休業すべきか

髪の毛を触る

自毛植毛の手術を受けますと、生活に関する様々な制約は生じる事になります。少なくとも運動に関する制約が生じる事だけは、ほぼ間違いありません。このため自毛植毛の手術を受けた後には、休業が必要な事があります。例えば、体をハードに動かす仕事に従事しているとします。
ハードに動かすだけに、頭の部分に対する影響もそれなりに考えられる状況です。こういう時はやはり仕事は休む方が良いのです。植毛手術を受けた後の頭皮は、かなりデリケートな状態になっています。
それでむやみに刺激を与えてしまえば、トラブルが生じる可能性も否定できません。ちなみに具体的に何日ほど休むべきかは、自分の職種などに左右されると考えて良いでしょう。基本的には、体をどれだけハードに動かすかに左右されます。例えば事務ワークの場合は、それほど体を動かさないでしょう。
パソコンを使う作業で頭を激しく動かすかと言われれば、もちろんそうではありません。逆に運動を余儀なくされる職場では、もちろんそれなりに負担が大きくなります。ですから前者の仕事はあまり多くの日数で休む必要はありませんが、後者はそれなりに休養が求められるでしょう。何日ほど休むべきかは、頭皮に対する負担次第なのです。

なぜ手術後はタバコを控えるべきか

自毛植毛は、自分の髪の毛を移植する点に特徴があります。ドナーという物を気になる箇所に移植して、定着を待つ訳です。ちなみに定着は直ちに完了するものではありません。しばらく定着期間は必要ですが、たいていは自然な仕上がりになってくれる傾向があります。それは良いのですが、植毛手術を受けた後の生活スタイルには注意を要するでしょう。
なぜなら、それは確率に大きく関わってくるからです。どういう事かというと、人によっては喫煙をしています。当然タバコは人間の体内に大きな影響を及ぼすでしょう。それで問題は、たばこが定着に悪影響を及ぼしてしまう事があるのです。やはりタバコの中に含まれている様々な成分が、定着率を低くしてしまう事があるのです。
ですから植毛手術を受けてからしばらくの間は、できる限りタバコは控えるべきです。そもそも手術の後は、頭皮はかなりデリケートな状態になっているのです。タバコ内にある成分が、頭皮を刺激してしまうので、定着しづらくなってしまう訳です。ただしタバコを控えるとは言っても、ずっと我慢する訳ではありません。個人差もあるのですが、だいたい1週間程度は控えるのが望ましいでしょう。それくらい日数が経過すると、タバコによる影響も軽微な程度になる傾向があります。

手術後は洗浄に要注意

自毛植毛は、注意点はいくつかあります。少なくとも入浴などは、それなりに気を付けた方が良いでしょう。トラブルが生じる可能性も否定できないからです。当然自毛植毛は手術を受ける事になるのですが、その当日はちょっと注意を要するのです。まず洗髪は気を付けた方が良いでしょう。自毛植毛の手術を受けた日は、頭皮はかなりデリケートな状態になっているのです。
そういう状況で洗髪を行ってしまいますと、やはり頭皮に対してトラブルが発生する確率は、大幅に高まってしまいます。ですから当日だけは、やはり髪の毛を洗浄しないよう注意する必要があります。ちなみにそれは当日の話で、数日ほど経過すれば通常通り洗えるようになります。ただし翌日に洗浄する時も、あまり強いシャワーは避ける方が良いでしょう。
頭皮に対して強くお湯などをかぶせてしまいますと、やはり刺激が高まってしまいます。洗浄するにしても、できるだけ弱い程度に行うのが望ましいです。ただ、それも数日ほど経過すれば、だんだんと自毛が頭皮に馴染んでいきます。そうすれば、通常通りに洗えるようになるでしょう。少なくとも手術を受けてから4日程度は、頭皮に対する洗浄時に大きな刺激を与えないよう注意が必要です。


【薄毛で悩んでいる方に】植毛はアスク井上クリニックに任せましょう!植毛はあなたの未来を大きく変えてくれるのです!最先端の技術で生え際が気にならなくなるのです!

オススメ記事

自毛植毛はずっと頭皮に残るのか

自毛植毛は、自分の髪の毛を使える点に大きなメリットがあります。少なくとも人工の髪の毛と比べると、頭皮に馴染んでくれる傾向があるのです。ですから、自毛植毛を検討している方々も大変多いです。ただし自…

くわしく読む

自毛植毛の病院を事業年数で比べる

自毛植毛は、必ずクリニックにて手術を受ける必要があります。専門知識が求められますから、さすがに自力で植毛を行うのは著しく困難でしょう。ところで植毛を行ってくれるクリニックも、数がとても多いです。…

くわしく読む

高校生でも自毛植毛の手術は受けられるか

自毛植毛は、様々な方々が検討しています。20代や40代など、それを考えている方々の年代層はとても幅広いです。ところで非常に低い年齢層の方々が、それを検討している事があります。いわゆる未成年者です…

くわしく読む
TOP